水晶 - キラキラ体験!パワーストーン

両極ある水晶

両極のあるクオーツは、エネルギーを早く流すといわれています。
写真はハーキマー型の水晶で、私のツボ押し用です。

このタイプはどちらの極もよく似たとがり方をしているものが多いのですが、
よく見るとプラスとマイナスがあることに気づきます。
経験からいうと、プラスのが若干形が長いかなと思います。
でも見た目より体に聞いたほうがよくわかります。

090715.jpg

"極"をどんなふうに使うかというと、
例えば、右こめかみを押すときはマイナス極を当てます。
流れがよく感じます。

頭のてっぺん(中心)はプラスマイナスどちらの極を当てると思いますか。
私はマイナスの極を当てます。
このほうがシックリくるのです。

誰に教えてもらったわけではないので、真偽はわかりませんが、
自分はこんなふうに使っています。

そう考えるとフォーゲルクオーツは(使ったことがありませんが、)
その究極の形であるのではないかと感じます。




アーカンソー水晶

090322.jpg

世界一美しいといわれるアーカンソー産クオーツ。
うっすらバーコードが入って、レムリアンをほうふつとさせます。
たしかにZ面だけうっすらバーコードがあり、R面はなめらか。

レムリアンはブラジル産とロシア産ですが、ときどきアーカソンー産でも
その形状のものがあるといわれているので、これは珍しいポイントといえます。
パワーは限りなくレムリアンに近いものだと思います。
仕入れでもレムリアンとして売られていました。

またこのポイントはフューチャータイムリンクという平行四辺形(右傾)の窓があります。
持つ人が未来から必要な情報を得ることができるといわれています。

さらにトップが「チャネリグ」もどき!(という意味のある形をほぼしている)
不安定な独特のパワーを持つアーカンソー産に加え、
タイムリンクとチャネリングとは! なんとストイックな!

トップがチャネリングでなくて、イシスならまだよかったかな。
(*イシスは癒しの女神を象徴する形)
いやいや、アーカンソーでイシスなんてパワー的にありえないか…。

って、専門用語がいっぱい出てきたので、わかりませんね。
わかりやすくいうと、このポイントは「癒し」と正反対の水晶といえます。



-----------------------------------------------


いろいろな情報を内から外からと、ガンガン受信してくるので、
寝るときや、リラックスするときには向きませんね。
でも未来についてのサポートはしっかりしてくれそう。
今後の実質的な予定を立てることができます。

あわせるなら、アメジストかと試したら、流れが止まってしまいイマイチ。
結局、イエローのクンツァイトが一番パワフルな動きに。
おなかに力が留まって行動力が出るよい組み合わです。

独特のパワーを秘めた石なので、持つ人はごく限られるような気がします。
オススメできるのは、
天才タイプの人、研究者、ストイックで、ものごとをつきつめて考える人。
ひらめきの欲しい人。不安定、繊細で直感的なイメージ。
まさにそのもの。同調できます。

それから、小説家、物書き、ライター、自動筆記?する人。
バッチリです。
天から、内からそそぐエネルギーを体を通して手にのせていける人。
音楽家、楽器奏者、作詞、作曲など音楽関係もサポートしてくれそうです。

願わくば、丈夫で頑固な人に持っていただきたいです。
アーカンソー水晶はひとところに留まらないというか、
枠にはまらない独特のエネルギーを持っています。
実際の痛みはないのに、なぜかキリキリと痛みを感じる人もいるかもしれません。
気の合う人はすごい人と思います。まさにジーニアス(天才)!

このポイントの条線がレムリアンのように情報を秘めているとするなら、
ごく個人的な、シュールなイメージ…。
自分の内側、(外への扉)と接続する情報が詰まっているような気がします。
仕事や目的を定めて使うとベストだと思います♪



長くなりましたm(__)m
相変わらずワケわからない文章で、すみません^^










冬支度

そろそろ冬支度。

今日は朝からお日様ポカポカ。
ありがたや。

さっそくこたつ布団とジュウタンを押入れから出して、お日様に当てました。
その間、家具の移動をして、部屋の模様替えも。


lease081110-02.jpg

おかげでホカホカ暖かな部屋になって大満足♪

ついでに、きのう作ったリースを壁に飾りました。
アレコレ飾りながら、クリスマスまで楽しめます。
それがすぎたら正月バージョンにしよう!

年末まで、こうやっていろいろと楽しめますね。





hima081110-1.jpg
ヒマラヤ水晶




メタモルフォーゼス


meta01111.jpg

ピンクカラーのメタモルフォーゼス

有名なヒーラーが見つけた水晶で、「変化」を意味する名からつけられました。
一見普通の水晶ですが、バリウム、アルミニウム、ニッケルなどを含んでおり、
ガンマ線放射と高熱で色が変色するとされます。

先日展示会で、うちにあるマダガスカル産クオーツとよく似ているなぁと何げなく見ていたら、
メタモルフォーゼスだよっと説明されました。
あ~、これが噂の。。。
さっそく試してみることにします。感想はまた(~_~)



meta02.jpg

トルマリンで家中が愛に染まっております♪

水晶

全長2.5センチくらいの水晶
ネックレストップにしました。

RIMG3497-1.jpg

ふらりと立ち寄った化石屋さんにありました。
レコードキーパー発見。三角が二重に重なってます(~o~)


RIMG3517-1.jpg

頂点を形作る面のひとつに見にくいけど、またレコードキーパーが…
レコードキーパーは、全能の目を象徴しており、霊的な叡智の入り口といわれています。内なる自己を探るのにすぐれたツールで、成長を導き、全身を妨げているものを取り除くそうです。


RIMG3528-2.jpg

写真だとわかりにくいですが、中央にごっそり穴があります。
何ですかって店主さんに尋ねたら、よくわからないけど、水が入っていたのではないかと教えてくれました。まわりの虹がきれい。
これは、キー(アパーチャ)というものでしょうか。結構深いくぼみです。魂を阻害しているものを解き放つためのツールになるといわれています。

なんとも、中身のいっぱいつまった水晶。この完成された形自体パワフルです。試したら、また報告しますね♪




それにしても、水晶は形、色など細かく意味があり、石を扱う私でも、本当かなぁと思いたくなることも。。。

でも考えてみれば意味のないものなんて、この世にはありませんね。
例えば「ことば」ひとつをとっても、そのルーツは前人の知恵が隠されており、探究すればするほど、真実に近づくようで、実は遠のき、謎につつまれていきます。また普段使っているけど、研究者でなければ、そんなこと追求しませんしね。。。

深いルーツなど知らなくても、「楽」とか「喜び」という言葉は、それだけで人を元気にさせて、なごませるような気がします。まっ、生まれたときからの刷り込みだといえばそうですが。。。(^^ゞ
知らない外国語で、聞いた語感だけで比べてみるとおもしろいかも。愛の言葉や、緊張をもたらす言葉は聞いただけで、わかるかもしれません。

話がそれましたが、クリスタルは意味重視でなくて、見て好きになったり、気になったりしたら手に入れるほうが有用だと思います。頭でなく感覚で選ぶといったほうがいいのかしら。

私は、クリスタルの意味に魅力を感じて欲しいなぁと思ったら、もう一度自分に聞くことにしてます。それで直感バロメーターが半分を超したら、行動します。結局はすぐにそれを追わずに、いつか出会えるときまで待つこのほうが多いです。待つこともまた楽し(~_~)
すべてにおいて、必要なものは必要なときにやってくる。それが自然の流れだと感じます。


続 水晶

水晶を久しぶりに写真にとりました(~o~)
はじめはスモーキーぽい雰囲気だったのですが、
ピンク色が濃くなってきました。この写真は実物に近く撮れてます♪

10月29日に撮影した写真
RIMG2824.jpg

透明感も増して(と思う。。。)、虹もたくさんになりました。




この写真は4ヶ月前の6月7日
2007.6.7.jpg

購入したときより、目に見えて透明になってきました♪
このころ水晶に音楽を聞かせるとピカピカすることを発見(~_~)



こちらは購入したとき
2007年、今年の2月16日に撮影。
2007.2.16.6.jpg

届いて箱をあけて見たときに、あまりの暗さと威圧感に
心臓がドキドキしてしまい、しばらく怖くて近寄れなかった水晶。

水晶






めっきり涼しくなりました。夜が長くなると、ゆっくりできて、体も休まる。趣味に没頭できる!
夏もいいけど、秋もいいいですね~(~o~)

20070912112743.jpg

本日天気がよいので、水晶さざれをじゃぶじゃぶ洗って、日光欲させてます♪
キラキラと光を受けて気持ちよさそう。

新月が過ぎ、これから満月にかけて、できるだけ日光欲と月光浴させていきます♪(*^_^*)

ヒマラヤレーザー

himaraya1.jpg

ガネーシュヒマール産 ヒマラヤレーザー水晶
全体をぎっしりとクローライトに被われたレーザークオーツ。

所々に結晶できなかった窪みがあり、何ヶ所かにヘマタイト、石英らしき鉱物が刺さっているように見えます。クリアな水晶部分は虹もあります。90mm×20mm 30.4g

レーザーはパワーが強力なために、先端を人に向けてはいけないとされています。だったら自分に向けたらどうかなぁとやってみました。(^^ゞ
何か裂けました。ホントです。痛みはないのですが、あれっ?!て感じで空気が裂けました。これはいわれるとおり、レーザーは、人に向けてはいけないです。もちろん自分にむけてもいけませんよ。怖いもの知らず&無知が一番怖いですな。^_^;

クローライトは体にやさしいので、クリアなレーザーよりも治癒的な効果が高いかもしれません。でも私のような素人は観賞用となります。
himayara2.jpg




この間、立て続けに違う方から、「楽天市場にお店を出しませんか」と電話で2回お誘いを受けました。ちょうど勧誘の時期なのでしょうか。それにしても目にかけていただいたということは、ありがたいことです。そのおかげで、漠然としていたショップの基本方針というか、お店の根幹がまとまりました。

ブログとリンクしていないのに、ショップのことを書くのもどうかと思いましたが、やっぱ文章にしておきたいので、書きます。すみません。

そもそもどうしてショップを開いたのか、と考えたとき、まず自分が天然石に助けられ、どうにか再生の過程に入ることができた感謝の気持ちがあげられます。そして、もし世の中に、私のような心身の弱った人や気に敏感な人が、天然石を知らずにいたならば、元気復活のひとつの選択肢として天然石があることを伝えたい。困っている人の役に立ちたいと思ったからです。だから、誰でも身につけることのできるアクセサリーを作ろうと思いました。

恥ずかしながら、はじめは、採算なんて考えていませんでした。それがおかげさまでオープンから5ヶ月が過ぎ、たくさんの人とかかわり、お客さまも順調に増え、興味は石から地球、宇宙までぐんと広がり、また原価計算や、仕入れ、配送など実質面でも日々勉強させてもらっています。1年前、会社勤めだった頃とは予想もできないほど、生活も感覚も考えも変わりました。

自分は隠居は考えられません。できれば、死ぬまで仕事をしていたいのです。せっせと何かやっていないと、ダメな性分です。"経営を維持するため、売り上げをつくらなければならない"とか、"運営にふりまわされて、やりたいことができない"という形は、長続きしないのでイヤです。自分らしく、気持ちよく楽しみながら、納得いく仕事(生活)をしようと決めました。ただのズボラなだけですが、まあいいです(~_~)

もちろん、楽天のお話は丁重にお断りしました。というか、一人でやっているし、商品数も少ない、大きくする気も裁量もないので、まったくもってムリです。楽天のお役に立てません。


でも漠然としていた考えがまとまるいい機会でした。ショップを立ち上げたときは、「とりあえず1年だけ、できるだけやってみよう。だめなら、それはそのときに考えよう」とはじめたのですが。いろいろな人に助けていただき、ここまできました。まだまだ未熟で、何がおこるかわかりませんが、マイスタイルで楽しみながらやっていきたいです。

このブログの存在も私の励みになっています。いつも読んでいただいて、ありがとうございます。m(__)m





水晶クオーツ

今朝気づいたのですが、前に手に入れた「水晶」の透明度が増しているような。。。ということで以前のブログの写真をひっぱり出してみました。


2007.2.16.6.jpg

↑これは、2007年2月16日に撮った写真です

↓今朝、2007年6月7日に撮った写真です。
2007.6.7.jpg


2007.6.8.jpg

カメラの設定モードを変えて撮ってみました。

写真ではわかりにくいのですが、前より色がピンクのような色に変わってきました。なんと前になかった虹まで出てきたのですよ(~_~)。

初めて家にきたときは、ものすごい威圧感で怖くて、しばらく近くに寄れずに、家の隅に放置したほどでしたが、この4ヶ月たらずでホントにすっきりしてきました。

この水晶、変わっていて、歌や音楽が好きなのですよ。アホらしくて、笑っちゃう話ですけど、ホントなんですよ。歌とか音楽を奏でるとうれしそうにピカピカするのです。

まぁホントのところは、よくわかりませんが、色が濁るよりも、キレイになったほうが私もうれしいです(*^_^*)これから、もっとキレイになってね☆


水晶クリスタル

crystal1.jpg


先日、「アーカンソー産の水晶クラスター」を手に入れました。宅配で届いて、箱から出して、その繊細で透明度の高い輝きに目を奪われました(~o~)
テーブルに置いて、ちょっと席を立ったとたん、なんと本棚から分厚い本(それもいつも参考にしている「クリスタルバイブル」)が落ちて、水晶に命中\(◎o◎)/!水晶は見事に粉々。。。絶句。

それでも、まだクラスターの形の小さいカケラを集めて、パソコンの横に置いていたら、今度は服にひっかけて、机から落ち、さらに粉々(T_T)

何のために、うちに来たのか。。。。粉薬みたいになっちゃって、おもわず飲んじゃおうかと思いましたよ。ばかばかばか!っと思わず水晶に言ってしまいました。←ホントは自分がバカです(ToT)

それでも、まだ形あるカケラを集めたのが上の写真です。指輪(11号)の大きさと比べると小ささがよくわかると思います。

あんまりかわいそうなので、形あるもので、ピアスなどアクセサリーを作りました(~_~;)あ~ぁ、縁がなかったのか。。。キレイな水晶だったのに。。。

ローズウインドー

ローズウインドー

2007.2.16.2.jpg


以前、手に入れたクリスタルに、意味のわからない「刻印」が2箇所あると書いたのですが、ちょっとわかりました。「ローズウインドー」という名称だそうです。↓↓ネットで偶然見つけました。


*説明****************************************

ローズウインドーとは、ファセット(水晶のとんがり)内部にもつ、不思議なインクルージョン(クラックや空洞のようなもの)をさします。表面が凹凸に見えるのですが、触ってみるとツルツルなのです。

すなわち、この現象は内部でおこっているのです。なぜこのような結晶となったのかは解明中だそうです。

ローズ・ウィンドウとは、教会にある丸い巨大なステンドグラスの飾り窓のこと。「薔薇窓」と呼ばれます。

*********************************************

2007.2.163.jpg


お~!その意味はわからないけど、名称がわかっただけでもめっちゃ進歩です。\(^o^)/
このクリスタルのローズウインドーの意味がどうしても知りたいです。いつか、わかるときがきますように。


水晶の説明

先日手に入れた「水晶」の説明文が、理解できなかったので勉強しました。

まず、説明はコレ↓

ヒマラヤはアンナプルナ「豊饒の女神」産の水晶ポイント

アンナプルナ山はネパールの中央部に位置する標高8091メートルの山。この水晶もガーネッシュヒマールと同様に高地より手掘りで採掘されているとても貴重な水晶です
・表面はレムリアンシード(バーコード)が形成。
・極めて透明度が高いカテドラルDT結晶。
・側面にキー群あり。
・反対側面にグロースライン(成長痕)。
・ファセットのトップの山が3つある(マルチターミネーター)とても珍しいポイントです。

2682723.jpg


調べました↓

**************************************************

・ヒマラヤ⇒ヒマラヤ山脈のこと。中国(チベット)、ネパール、インド、パキスタン、ブータンといった国にまたがり山脈がつらなる。
・水晶ポイント⇒水晶の形状のひとつ。とがった水晶
・アンナプルナ山⇒ネパールの中央部に位置する標高8091メートルの山。ヒマラヤ山脈のひとつ
Annapurna.jpg

・ガーネッシュヒマール⇒ネパールにある水晶の有名な産地


レムリアンシード(バーコード)⇒バーコードのような、ヨコムキのしま模様です。レムリア人{レムリア大陸(伝説上の大陸)の住人}の子孫という意味。ギザギザしてたり、サラッとしてたり、手編みセーターみたいだったり、サイズも質感も様々です。太古の人たちの情報とリンクできるともいわれます。 鉱物学では条線(じょうせん)と呼びます。条線のできるしくみは、水晶の成長の速度に関係するといわれています。人工水晶の実験では、塩化ナトリウムの影響があり、ほとんどの天然の水晶に存在します。

カテドラル⇒カテドラル水晶。ヨーロッパによくある教会の大聖堂に似ているところからそう呼ばれる。また、学習と知識の場である図書館の意味もあるとも。別名エレスチャル↓

エレスチャル⇒複数の水晶の結晶が、くっつき合ったもの。またくっつきあってさらに成長したもの。範囲が広い。

DT結晶⇒ダブルターミネーション。先と終わりがとがっている形をしているもの。「ターミネーション」とは「最尾」。ダブルだから、先端と最尾のような意味だそうです。「結晶」は、DTのあとにつけるものなのでしょうか?いろいろな表現がある。

キー群⇒他のポイントが刺さってたり、刺さりそうになって育った跡。クレーターのような凹みも。穴の場所やカタチや数、大きさは様々です。閉ざされた情報にアクセスするような意味があります。

グロースライン(成長痕)⇒調べてもありませんでした。

ファセット⇒とんがり

トップ⇒水晶の頭、てっぺん

マルチターミネーター⇒マルチターミネーション。トンガリがいくつかあること。


************************************************

ちょっとわかってきました。読んでいて、あれっと思うこともあったので、またお話しますね(^_^)

疲れたので、本日はここまでm(__)mおやすみなさい

水晶の刻印?

持ち心地が良さそうな気がして、これも先回の水晶と一緒に手に入れました。
大きさは、こんな感じです。
2007.2.16.6.jpg

包装紙を開けて、これを見たとき、ぐぅっと押されて息が止まりました。すごい威圧感にびっくり。正直怖いと思いました。

手に持つと、すぐに先端のところにある刻印のような模様に気づきました。傷ではなくて、表面はつるつるしてます。水晶の中にあるのです。
これはいったい何でしょうか。購入するときにも、そんな記述はなありませんでした。よくあることなのかしら?

2007.2.16.2.jpg

写真がうまく撮れずに、わかりにくいのが残念です。ゆるやかな三角形の囲いの中にアルファベットの「Y」か「K」の文字があります。

もうひとつ他の面にも、ゆるやかな三角形の中に漢字の「入」という文字が見えます。
2007.2.163.jpg

この刻印模様、何だか指紋検査の機械みたいで、思わず指で押してしまいました(^^ゞ
水晶を手に持つと、親指と人差し指に刻印模様がぴったりフイットするのがまた興味深いところです。

実はこの水晶については、いまだに緊張します。どんなことを私に教えてくれるのでしょうか。




楽しみ~

2682723.jpg


注文してしまいました(*^_^*)
ヒマラヤはアンナプルナ「豊饒の女神」産の水晶ポイントだそうです。
丁寧に説明がありました。↓

アンナプルナ山は ネパールの中央部に位置する標高8091メートルの山。この水晶もガーネッシュヒマールと同様に高地より手掘りで採掘されているとても貴重な水晶です
・表面はレムリアンシード(バーコード)が形成。
・極めて透明度が高いカテドラルDT結晶。
・側面にキー群あり。
・反対側面にグロースライン(成長痕)。
・ファセットのトップの山が3つある(マルチターミネーター)とても珍しいポイントです。

↑これ説明でした。意味わかります? 恥ずかしながら、まったくわかりません(^^ゞ説明の前に写真で決めてました。でも、これを機会にわけのわからぬ上の説明のカナカナ語の意味を勉強してみます。

透明の水晶って、あまり惹かれなくて、アクセサリーのベット用として、前に中国産クラスターを1つ購入したきりでした。あとは他の鉱石を購入したときにプレゼントでついてきた親指くらいの水晶とか、さざれしかありません。

ところが先日、サンストーンを身に着けて夕方はずしたときから、砂漠で乾いたノドを潤したい衝動ごとく、むしょうに透明なクリスタルを欲してしまい、ネットで探しまくりました。なんというか、こう手に持てて、透明で、そんな漠然とした感じなんですけど。。。

で、ありました!石の説明も専門的だったし、石が大事にされているようなので、素人の私では石やオーナーに失礼かな?っとも思いましたが、やっぱり欲するので、決めました。

というわけで、本日2/14バレンタインに来ます!また報告しますね♪
ダーリン♪また買ってしまいました。ごめんなさい(^_^)チョコあげるからね!

ピアス

水晶と淡水パールでピアスを作りました。
P100364.jpg

透明感のあるピアスは、体にやさしくて、私でも抵抗なくつけれます。ピアスはあくまで耳の延長。上品で邪魔にならず、それとない清楚な感じのピアスにしました

友人へのクリスマスプレゼント用なんですが、あの子にはコレ、あの人ならコレが似合いそうっていう感じで、作り出すと、つい夢中になってしまいます(*^_^*)
P105315.jpg
↑はアメジストと水晶です。

この間「すぴこん」というスピチュアルなイベントに行ったときに、友人と3人でオーラの写真を撮りました。友人2人は、顔も体も見えないくらい真っ赤。私はオレンジ。隣に並んだ知らない女性は「紫」につつまれていました。聞きかじりですが、日本人の60%はオレンジだそうです。

今回、オーラ写真を見て、なるほど、そういうことなのか!と思ったことがあります。私は、はっきり体から出る色(オーラ?らしいもの)を見たことは、今まで2回しかありません。だから見る能力はないと思いますが、感じることがあるのです。色を感じるというのは変ですが、一緒にいると、なんとなくその人の感触を感じるのです。

今回初めて見た自分や友人のオーラ写真で、色とその感触がつながりました。「赤」はこんな感じ、「紫」はこうなんだと、体感できたわけです。

P100371.jpg

というわけで、友人につくるピアスも、その人から感じる色の延長色をだったり、反対色でバランスをとったり、色が薄いときは、同系の濃い目の色をもってきたらどうかしら?とかあれこれ考えて、これがまた楽しいのです(~o~)