2008年05月 - キラキラ体験!パワーストーン

元素の話

肉体を突き詰めていくと、元素にたどり着きます。
現代の化学で、これ以上分解できない物質が元素です。

人の元素は多量元素、金属元素、微量元素に分類できるそうです。
【多量元素】
炭素、酸素、リン、水など⇒ダイヤ、アンバー、オパール、ルビー、水晶

【金属元素】
カルシウム、マンガン、マグネシウムなど⇒ロードナイト、カルサイト、ガーネット

【微量元素】
ケイ素、銅、鉄、フッ素など⇒マラカイト、ヘマタイト、パイライト、アクアマリン

聞いたことはあるけど、実はよくわからない元素の名前がズラリと並びますが、
その元素を多く含む石を見れば、何となくあーと感じるのではないでしょうか。

ざっと見ると、金属元素の石(カルサイト、コーラル、ガーネットなど)は、
体にわかりやすい即効性のあるものばかりだと気づきます。
微量元素の石(マラカイト、ヘマタイトなど)は、長時間持ってはいけない石が多いなぁと・・・。
自然につながる石は、多量元素の石が多いかもしれませんね。しかしきつい石ばかり。
ちなみにクオーツは多量金属ですが、長時間持つのは避けたい微量金属・ケイ素も入っています。

qun080601-2.jpg

この元素たちは、もちろん自然界も一緒。
空気、水、金属・・・
人の体は、たくさんの自然の要素を含んでいる自然の一部です。
つまり私たちそのものが自然であるといえます。

石と肉体の元素はDNA遺伝子までさかのぼるほど微粒で浸透性があり、
深い部分で共鳴し、震動して、刺激し、補強修復しあう。
石を見てピンとくるというは、その部分が引き合っているということでしょうか。

石と人の共鳴は、形や色の効用も関係してきたりと、本当におもしろいです。
そういえば、香りの元素は何になるのかしら。あれも効きますよね。

またまた、長くなりましたm(__)m

qun080601-1.jpg

クンツァイトネックレス
毎回眠気と戦うことになる石です。あー、眠い。




車を運転すると・・・

obu15.jpg

オブシディアン*トルコ石、インディコライト



車を運転すると、いろいろなことが頭に浮かぶ。
ふと、思う。

いままで、よく働いていたなぁ。
仕事が好きとか嫌いとか、人に認めもらいたいとか、そんなこと思いもせず、
自分が納得いくためにどんな仕事でも、己への挑戦のようにせっせと働いた。

結局、満足できず、飽き足らずに廻りめぐって、いまひとりで立っている。
いま仕事は、自分のためだけれど、自分のためじゃない。
体をただ自然に流しているような、そんな感じでいる。

指を折り休日を数えて待つ生活はなくなった。
ひとつに集中すれば、時間はそのまま永遠に止まる。
時間は無限にある。
思いがけず、突き落とされることもあるけれど、
でもやっぱり無限に広がる。



obu14.jpg

オブシディアン *ペリドット


リング

ブルートパーズとメレダイヤのリング 

20080528-01.jpg


彫金の作品がひとつ完成しました。
ブルートパーズが両隣のダイヤのパワーに押されています。
疲れ知らずのトパーズだけれど、さすがにリングサイズは疲れやすいので、
ダイヤをトパーズのパワー維持のために入れました。

ダイヤは補佐的に入れたはずなのに、圧倒的にトパーズを押しのけている・・・
チビサイズでもパワーは強力で、格の違いが歴然。さすがダイヤです。
しかしこれではトパーズの"のんびり&大らかさ"が十分活かされず、もったい。
うーん反省です。

ダイヤをひとつ外して、ペリドットかピンクトルマを組み合わせれば、
パワーと流れのバランスOKではないかしら。

こんど新しいリングに挑戦してみます(~o~)

ラピス

rapi0526-02.jpg

若さを感じる瑠璃色のラピスラズリ
ちびメタモルと一緒に


ラピスラズリ、あー、よく眠れます。午前中作っていたら、昼過ぎにもう睡魔が・・・いかん・・・。
目と脳にいいので、頭痛持ちの人、視力の弱った人に向きます(~o~)

存在感のある徳の高い石で、ラピス自身が持ち主や組み合わせる石を選びようなところがあります。
そういった点では、厳しい石です。

ラピスが手厳しく反応してくるのは、自分中心な生活をしており、成長が停滞している人。
しっかり生活することに後ろ向きな人。すべてにおいて逃げている人。
そんな人は、無意識にこの石に対して、怖いイメージを持つと思います。
身につけるとつらくなるというか・・・痛いというか・・・。


自己中だけど、人のために生きているなら、じっと見守りの姿勢です。
後ろ向きな性格だけれど、一生懸命努力している人、
逃げながらも、試行錯誤を繰り返すならば、慈愛のまなざしで見守ってくれます♪
一歩進めたと思うならば、この石が強力にバックアップしてくれます。

以前の私は、さわることさえためらわれたラピスラズリ。
いまは、温和でユーモアがあり、慈悲深い石だと感じられます♪
宇宙の父のようです(~o~)



rapi0526-01.jpg

こちらはスクエア型
ちびラリマーと一緒に♪

ストレスにはブルーレース

blue080523.jpg

ブルーレースアケートのネックレス


手術を控えた直前、トルマがまた失踪。
朝起きたら、もういなくなってました。
少し開けてあった天窓から脱出したもよう。
トルマ、あんたはエラい!

は~。
実はこれで3度目の脱走。しかも手術前ばかり(T_T)
おまえという奴は・・・

動物クリニックの先生にまた延期のお願いをするのはもうイヤです。
逃げるほうも逃げるほうだが、逃がすほうも間抜けすぎる。

2回目のときは、すぐ見つかるような気がしていたら、無事2日後に確保。
でも今度は、もう会えないような気がして・・・

そんなに行きたいところがあるなら、行けばいいよ。
でも手術が終わってから行ってくれ。
アゴにワイヤー入れたまま失踪するのはやめておくれ~。

メタモルフォーゼス

パソコンの横に置いてある手のひらサイズの「レピドライト」
ケアしなくても、いつもキレイなまま。(すまん)
それどころか何層も透明なピンク色に変ってきた。
レピはえらい。
いつもありがとう♪




meta0522.jpg

メタモルフォーゼス
同じとろこで仕入れたメタモでも、それぞれに反応が違う。
私の変化を反映しているのか、それとも石の個性なのか。
気をつけないと、混同してしまう。




cat0522.jpg
ひも付きでお庭に出てま~す!

隕石

カンポデルシエロのキーホルダー *アルゼンチン産
canpo04.jpg

モルダバイトとラブラドライトと一緒に。



本物の隕石。モルダバイトとは違う種類で、メテオライトに属するギベオンとは兄弟種。
メテオライト(隕石)→鉄隕石→オクタヘドライト→カンポデルシエロ
                           →ギベオン

すぐに体が熱くなるのは、テクタイトと同じ反応。血のめぐりがテキメンによくなります。
「熱く血がたぎる」正統派という感じがします。

パワーがありそうだったので頭部はやっていませんが、あとは体のどこにでも置けました。
その場所をキレイにしてくれて、パワーをぐいぐい引き出してきます。

解説書通り、確かに目と相性がよく、視覚化が苦手な私でさえ何かとよく見えるようになり、
心臓近くで、タテ40センチヨコ20センチくらいの、透明でピンクの石を見ました。
ズームもできて、よく見えました。あれはモルガナイトかな。薄くて淡いピンクカラーでした。


手に持っていると、↓こんな感じで、青の星がゆっくりといっぱい降ってきました。
すごいキレイでした(*^_^*)うふっ (とうとう気が狂ったか・・・)

hoshi01.jpg

あー、世間から離れていく~。

やっぱ隕石系はいいです。妙に落ち着きます。
誰かと分かち合いたい美しさでした。

やや興奮ぎみで失礼しました。

猫がいるって・・・

猫の昼寝姿というのは、何と癒されることか・・・

tolma080519.jpg

トルマが朝ご飯を待ってるなと思うと、早起きも苦にならず。
ありがとう。トルマ(~o~)




ちょっと前のテレビドラマの影響で、「若狭塗り箸」を家族ぶん揃えました。
手作りのきもち高級なお箸で、パワーが出るように家族全員、真っ赤のお箸に♪
このお箸を使うようになって、食べるということのありがたさに気づきました。(遅いか?)

早食いの自分は、作るのに長い時間かけても、食べるのは3分もあれば十分。
あっという間に食事を終えて、家族が食べている途中でも、さっさと片付けを始めてました。
家族が食べるのを待って、取り上げる始末(^^ゞホント余裕のない性格です。

ご飯をおいしくいただける健康な体
一緒に食べることを共有できる家族の存在
自然の恵みをしっかりと口にして、エネルギーを受け取る幸せ

考えもしなかった自分は本当に傲慢です。
食事だけでなく、湯水を際限なく使い、太陽や空気を当たり前だと思い、
この手足が思い通りに動くことの感謝を忘れているふらちな己。

いまでもきっと、私の傲慢さは、何げないひとことで人を傷つけているだろうな。
傲慢な行動が、身近な人や友人、知り合いを追いやっているかもしれない。
たとえそれがちょっとしたことでも、その人の魂にかさぶたは残るだろうな・・・。

自分の傲慢を背中にしょっていることを、頭と体に刻んで、生活しなければ。

あ~、変な話をしてしまいましたm(__)m
これがもうすでに傲慢ですな。











メタモルフォーゼス♪ピンク

metapink080517.jpg

ハートにー「変革」をもたらす、メタモルフォーゼス*ピンク
まばゆいばかりの輝き♪
ホワイトカラーのメタモルは、ミルキーのようですが、
ピンクカラーは透明感のあるローズクオーツに見えます。
やっぱピンクはいいですね~。安らぎます(*^_^*)

これを持つから変容するのか、
変容する人がこの石に惹かれるのか・・・

ジェムシリカ

gem012.jpg


ジェムシリカとは、クオーツ化したクリソコラのこと。
クリソコラの進化形で、「女性性」の力づけの石とされています。
写真はクリアなクオーツではなくて、「石英」と混じって濁っているようです。

ジェムシリカの空色は進化したトルコ石を表現しているといわれているだけあって、
精神を肉体にがっちり結びつけてきます。
空色なので、もうちょっと精神に作用があるかと思ったのですが、それは感じられず、
ものすごいグラウディング作用に押されてしまいました。

ピタリと風がやんでしまった感じ。静寂の中にいるかのよう・・・
女性的で、受動的だと聞いていましたが、これほどとは。
静寂の中に閉じ込められてしまって、けっきょく一日何も手につきませんでした。
おいおい、仕事しろよ(^^ゞ



gem02.jpg

裏はデンドライトといって、石英中に酸化マンガンが樹枝状に内包しています。
これのおかげで、強力にグラウディングされているのかな???
しかし体から離れるのも楽・・・っていう表現も変ですか。
こんな楽で負担にならないことは初めてです。(でも凪のようで、動けない。)
※相変わらずの意味のわからない文章ですみません。

日本ではあまり流通していないので、ジェムシリカという石に魅入られる人は少ないそうです。
でもいったんこの石を見つけ出したら、たいていが宝物のように大切にするそうですよ。


クンツァイト&ブルートパーズブレス♪

heartbless01.jpg


穏やかなクンツァイト
晴れやかなブルートパーズ

あ~、空に浮かんでしまいたくなります♪


ムーンストーン

moon080514.jpg

ラブラドライトではなくて、透明感のある本当のムーンストーン。

パールと一緒に。
後ろで青白く光っているのは、ホワイトラブラドライト。

月夜の海・・・
そんなイメージのする穏やかで神秘的なネックレスです♪

トルマリン

グラデーション♪トルマリン
gradationtolma70.jpg

ライトカラーですが、条線もしっかりあって、気がよく流れます。

トップが大きめなので、チェーンを長めに。
そのせいか、お腹にパワーが溜まりやすくて、エネルギーが充填できます♪
私はパワー!私は力!と叫びたい衝動にかられます。

私はハートが詰まっているのか、作っているとき胸がつぶれそうで痛かったです。
ハートやお腹の気の溜まる部分が破けている人では、ちょっとキツイかもしれません。

これはもともとスーパー元気な人向けです。
思いっきり"この世の喜び"を満喫できる欲張りなネックレス。
一緒に組み合わせたのも、すべてトルマリン(*^_^*)あ~、激しすぎる・・・。

このネックレスは、どんな人のもとに行くのでしょうか・・・。
役に立ちますように♪


メタモル・フォーゼス

meta012.jpg


ブラジル産のミルキー水晶。アルミを含み、γ線と高熱で変色することから
「変質、変容、変化」という意味のメタモルフォーゼスと名づけられました。

手元にいくつかありますが、ピンクカラーも含めすべてミルキーよりも透明度があります。
たまたまかもしれませんが、清々しさも感じられます。

写真だとわかりにくいのですが、このメタモルもクリア水晶のように透明度が高く、
虹もあって美しいです(*^_^*)

ミルキーなので、やはりやさしいです。
天と接触???(変な表現ですみません)もあたりがやさしく、すんなり入れます。
ヘマタイトのように、首根っこを引っつかまれて連れて行かれる感じがありません。
カルサイトのように、"猛スピード"ということもないし、さすがミルキー。

変容とか、変質についてはすぐにはわかりませんが、
曇りの晴れ間を目の当たりにした・・・そんな感じでした。
わかりにくいですかね(^^ゞ
これは空の石だと感じたので、同じく空の石「ブルートパーズ」と一緒に♪

それにしても、γ線を当てて、その後に高熱にさらすという技を考えたものです。
メタモルより、それに感服します。





オーラソーマ

おもしろいサイトを見つけました(~o~)
オーラソーマのボトルを選んで、リーディングしてくれます。

http://artbeing.com/aura-soma/reading.html

ここのサイトのペンダントをたまたま見つけて、力があってなかなかいいなぁと
時々眺めていたのですが、超有名らしいですね。サイト自体も大きくて、すごい立派です。
ペンダントの商品ページから入ったので、今日まで他のショップの存在を知らなかった(^^ゞ

ずらっと並んだカラーボトルの中から、4本選ぶのですが、あんなにたくさんの色があるのに、
コレいい♪とかコレ駄目とか、さっさと選択できるから不思議です。
ちなみに私は、上下とも同じ色が3本ありました。
やっぱり黄緑色がいちばん好きかなぁ。

みなさんはどうでしょう(~o~)

オブシディアン

ov6.jpg

境界を持たない石「オブシディアン」
強くなりたい、際限なく強く。もっと強く・・・
この石でアクセを作っていたら、自分の心の乾きと叫びを捉えることができました。

前に試したときは、反応が強すぎてリタイヤしましたが、今回はいまところ平気です♪
認めたくない真実を表面化する石とされています。
人間が成長するうえで、かならず通る道でもあります。

すごい石相手にやるぞ~という心持ちのせいか、精神的にキツイな反応はありません。
が、肉体的反応は早くて、頭痛と眠気はすぐきました。
圧迫感があるので、動悸とかで胸がつぶれそうになる人もいるかも。
浄化作用がありすぎる~!と思っていたら、解毒作用だそうです。ふーん。なるほど。
こんなに短時間でデトックスできるものか・・・。さすがオブシディアン。

昔、刃物として使われただけあって、パワーが鋭く独特です。
やはり常に身につけるものではありませんね。

どこまでも際限なく突き進めるようにヒマラヤ水晶と
闘争心に火をつけるようガーネトと一緒にしました。
とんでもなく挑発的な組み合わせで、
それだけだと、ぶっ倒れるといけないので、かわいいハートチャームも(*^_^*)

これはかなりマニアックなので、石慣れした人でないとつらいかな。
でも出来上がりはこのうえなくおしゃれで、かわいいのです。

シャンプー


いい風です。
天気がいいので、ミニーのシャンプー日となりました。
ざっと乾かしたら、あとは玄関外の椅子で日向ぼっこ(~o~)
連休最終日は、洗濯と掃除で締めくくります♪


RIshampoo055.jpg


先日、やっとモルダバイトを入荷できました。
ただいま朝日の中、気持ち良さそうに日光浴してます。

ロードナイト

RIMG0031.jpg

ロードナイトの独特なピンクは愛のふくよかな女性によく似合う。
グラウディング作用もあり、体力増進にもなって、この石は安心して使える。

ちょっとお目にかかれない3A特上のロードナイトを手に入れたけれど、
いざブレスを作ろうとすると、組み合わせが難しい・・・。
結局悩んで、一日つぎ込んでしまった。
アレコレ組み込んだ"見た目のいいブレス"ではもったいなくて。

「結局こればかりつけちゃう」と、選ぶのはいつもシンプルなもの。
やっぱり、シンプルなものが一番のような気もする。





grentol.jpg

グリーントルマリンネックレス
普通は条線に包まれている核?の部分。
珍しいです(*^_^*)
それにしても、この美しさ・・・

ヒデナイト

作っているときは気づきませんでした。
緑なので当然癒し系だろうし、それにしても美しい石だなぁくらいの感想だったのですが・・・

しかし見た目と裏腹に、翌日まで後をひくほどのすごいパワー(^^ゞ
必要以上にひっぱってくるので、体力がついていきません。
ルチルかヘマタイトの頭脳版という感じです。

何かと接続してしまったというか、開いてしまって、ダーダーと流れてしまい、
朝から涙腺がゆるみ、庭のつつじのがきれいに咲いていると思うだけで涙が・・・おいおい。
とにかく何でも感動してしまい、困ります。
しかもすごい睡魔で、家族を送り出してから、朝寝して昼さっきまで爆睡でした。
いわゆる"癒されモード"に入っているようです。

感動したい人どうぞ~!

hide080501-17.jpg


【ヒデナイトの効用】
異界と接続して、高次の領域からの知識を伝達を助けます。知的および情緒的経験に役立ちます。挫折感を穏やかに解き放ち、ものごとに対して「平静を装っている」人々が他者や宇宙からの慰めや支援を受け入れるように促します。未知なるものを生み出すために知性を愛に結びつける力を持ちます。霊的な愛をグラウディングさせます。新たな始まりを支援する石。ヒーリングは弱点や冷えを示すことから診断に使えます。胸腺と胸部の動きを助けます。霊的な洞察を刺激するには第三の目の上に置くのが最適。クリスタルバイブル(ジュディ・ホール著)


クンツァイトの霊的、精神的パートナー。バイブレーションがクンツァイトより穏やかで微妙である、クンツァイトの仲間では新しい分野の石。精神体と霊体のバランスをとる補助の石。(クリスタルジャーニージェーンアン・ドウ著)