ムーンストーン - キラキラ体験!パワーストーン

ムーンストーン

6/27の新月を境に今年の前半と後半でガラリと変わる人もいるそうですが、
わたしも7月からの星の動きは個人的にすごく楽しみなのです(*^_^*)

さて6月新月は蟹座で起こります。
蟹座のキーワードは家族、ファミリー、家庭、母性、生活、直感。

石ならムーンストーンが一番合います。これにつきるかな…。
乳白色のオパールなんかもよさそうです。濃厚なホワイトラプラドもOK。
総じて濃厚でミルキーな「牡蠣」のイメージのある石があいます。
真珠も悪くないけど蟹の熱っぽいエネルギーを少し抑えてくる印象があります。

人はこの世に生を受けて生きるうえで、
少年、青年、男、息子、父、女、娘、嫁、母など
大まかな年代層に振り分けられ、集団意識の中で能動的に役割を演じています。
別の国で生まれれば、適齢期も違って、一夫多妻制だったかもしれません。
ネクタイ締めて電車通勤でなく、サバンナで狩りしてるかもしれません。
現在の常識、認識の枠の中でわたしたちは社会生活を送っています。

また「生命を慈しみ育てる」、「命を前にして護る」というのは理屈や役割を越えて
本能と直感の域でもあります。

前置きが長くなりましたが、ムーンストーンはその役割、自分を囲っているもの(学校、会社、社会)や
本能、直感をすべてきめ細やかにサポートするため、蟹座の新月にピッタリなのです♪♪

なーんか難しくなってしまったかー!(;O;)

つまりムーンストーンは、相手の喜びが自分の喜びという"揺れやすい感情"をサポートする石で
もっとも同調する6月の新月はその点にフォーカスして使うといいよ~!ということ^^

わたしは今回の新月に
自分を囲うものと己とのかかわりをもっとシンプルにしてみようと思います^^
関連記事